包茎手術前 準備 心構え

包茎手術を受ける前の準備と心構えについて

ここでは包茎手術をクリニックで予約してからの身の回りの準備はもちろん、心の準備についても考察していきます。

 

1週間前から前々日

体調管理

手術後は精神的にも負担がかかり疲れがでたり、日常生活に多少なりとも不自由や痛みなどもありベストコンディションではなくなります。
手術前は風邪などひかないよう病気予防はもちろんですが睡眠不足や過労にならないようコンディションを整え万全の体制で包茎手術をうけることが望ましいです。

 

仕事の休みを申請しておくなど

クリニックの案内などには翌日からでも仕事もOK!みたいに書いてある場合もありますが、実際には患部に包帯を巻いたままですし腫れもあり傷口もまだふさがってはいません!
可能であれば2〜3日自宅でゆっくりできるよう休みを取っておくか、GW、お盆、年末、年始などの長期休暇前に手術を予約しておくことをオススメします。

 

覚悟を決める

手術を予約してから数日とか時間があると人間ですからいろいろ不安なことまで考えてしまうことが多いです。

 

痛いんじゃないか!

 

手術が失敗したらどうしよう・・・。

 

などネガティブな思いのほうがたくさん出てくることでしょう。

 

 

しかしそういう時こそ、手術後の楽しいことを思い浮かべましょう!

 

包茎の自分というコンプレックスが無くなる!

 

慰安旅行やゴルフなどで同僚・友人の前でも意識することなく堂々とお風呂に入れる!

 

女性に対して積極的になれる!

 

ということは楽しいお付き合いが増える!!!

 

 

 

前日から当日

性的処理は済ませておく

包茎手術をした後は一ヶ月くらいは女性との性行為はもちろん、オナニーもできません。
風俗へいくなり、オナニーするなどして、心いくまで処理して性的欲求を発散しておいてください!

 

たっぷり寝て体力を温存しておく

性的欲求を満たして発散しろと書いておいて体力温存なんて相反することかもしれませんが、包茎手術後は緊張や慣れない行動などで精神的にもかなりドッと疲れがでます。

 

別に極限まで体力を消耗するわけじゃないので、気持ちは落ち着けつつも性的欲求を処理しておくことがオススメです。

 

 

お風呂やシャワーに入って清潔にしておく

まあ当然ですが、できる限り清潔な状態で包茎手術に臨みましょう!

 

包茎手術後当日はシャワーも入浴もできないし、しばらくはシャワーだけしか浴びれません。
また患部も洗えません。

 

せめて手術に向かう直前に入浴なりシャワーで清潔にしていくことをオススメします。

 

[PR] まずは勇気を出してカウンセリングから!