包茎手術 痛み

包茎手術の痛みについて

包茎手術

包茎手術を受けることを決める前に精神的にハードルの一つになるのは包茎手術の痛みに対する恐怖があることでしょう!

 

男性のシンボルでもあり急所でもあるペニス。

 

その大切な部分にメスを入れる訳ですから怖くないわけがありません!

 

ここでは、そんな包茎手術前の麻酔から術中の痛み、また術後の痛みについて調べてみました。

 

 

包茎手術前の麻酔の痛み

クリニックによって方法は違うようですが、2段階の麻酔のかけかたが主流のようです。

 

事前麻酔

第一段階で患部にゼリータイプやスプレータイプの麻酔して、次の注射する麻酔の痛みを感じにくくさせます。

 

基本麻酔

通常の手術でも使われるいわゆる注射で患部の麻酔を打ちます。
手術中はもちろん、術後数時間は痛みを感じにくい状態が続きます。

 

また麻酔薬を注入する注射針も極細タイプのものを使用して最小限にとどめることができます。

 

麻酔の方法については各クリニックの医師又はカウンセラーに相談して聞いてみることをお勧めします。

 

 

 

包茎手術中の痛み

包茎手術のオペ中の痛みについてはほとんどの場合痛みを感じることなく終わることが多いです。

 

個人差はありますが、痛くてたまらないというような事例は当サイトで調べたかぎり聞いたことはありません。
それ以前にそこまで痛いというのであれば単純に麻酔ミスでしかないでしょう。

 

 

包茎手術後の痛み

包茎手術後はほとんどの場合すぐに自分で帰宅できます。

 

帰宅後数時間で徐々に麻酔が切れてジワジワと手術の患部が痛みを感じてきます。

 

包茎手術で切った患部がまだふさがっていない状態で傷口が腫れて痛みを感じてきます。

 

しかしこれは当たり前の症状で生きている証拠でもあるわけです。

 

またクリニックから痛みどめの薬を処方してもらえますので、それを飲んで痛みを抑えることができます。

 

 

 

包茎手術後の本当の痛みについて

包茎手術後の本当の痛みは手術の傷口もさることながら、実は手術によってむき出しになった亀頭及び陰茎の部分の痛みです。

 

今まで自分の包皮によって保護されていた亀頭が何のカバーも無くなってしまったわけです。

 

特に真性包茎の場合は亀頭は初めて外気に触れるわけですから、火傷や怪我で皮膚が剥けて患部がむき出しのピンクになったのと同じような状態になってしまうのと同じことです。

 

亀頭が空気に触れることに慣れ、亀頭表面が乾いて落ち着くまでがなかなかの痛みなのです。

 

患部に包帯は巻いていますが、仕事で動いたりすればそれだけで擦れて痛いはずですし、包帯がズレてはずれてくる可能性もあります。

 

包茎手術の傷口が塞がる前の状態で勃起すると、やっぱり傷口が開いて痛いです。

 

若い男性にはかなりツラいことかもしれません。

 

また自分の意思とは関係なく勃起してしまうことの多い朝起ち!

 

男性ならわかると思いますが、朝起きてペニスが勃起してしまうと当然痛いです。

 

こればかりは避けられない痛みかもしれません。

 

check   クリニックのHPの案内や説明には術後スグに帰宅でき翌日にはシャワーもOK!
激しい運動などしなければ治療翌日から通常の生活を送れるなどと紹介されていますが、正直なところ最低2〜3日は家でゆっくりできる連休前などのタイミングで手術を受けることをお勧めします。

 

[PR] まずは勇気を出してカウンセリングから!