包茎手術 メリット 大阪包茎

包茎手術をすることでのメリット

ここでは包茎手術、ペニス強化を受けることで得られるメリットについて考察しています。

 

清潔でいられる

 

恥垢が溜まらない

今まで亀頭に被っていた包皮が無くなるわけですから亀頭も常に外気に触れるようになって乾いた状態で、カリ首の内側も洗いやすく嫌な臭いの原因にもなる恥垢が溜まりにくくなります。

 

また包皮に陰毛を巻き込み痛いことがなくなります。

 

 

病気疾患にかかりにくくなる

包皮が被らなくなったことにより、雑菌の繁殖も少なくなり、恥垢も溜まりにくくなるので、性病にかかる要因も低くなります。

 

また性行為のパートナーに対しても同様です。

 

陰茎癌患者の半数以上は包茎であるとの統計もあり、ユダヤの文献によると割礼を受けている信者に陰茎癌患者はほとんど無いという参考文献も存在するようです。

 

 

 

 

 

男としての自信ができる

 

自信を持って男同士の裸の付き合いができる

包茎手術の最大のメリットはコレに尽きるでしょう!

 

今までコンプレックスに感じていた包茎!

 

公衆浴場やサウナ、同僚や友人たちと一緒に着替えたりすることも社会生活の中でたびたびあります。

 

いわゆる男同士の「裸の付き合い」

 

特別見せて歩くわけではありませんが、恥ずかしげに隠して歩く必要のない精神の解放感!

 

 

 

女性に対して積極的になれる

 

異性、特に恋愛対象になるかもしれない女性に対して精一杯カッコをつけてみても最後は性行為をしたくなるのは男の性(サガ)というものです。

 

口では自分に自信があるとか突っ張って見栄をきってみても、裸の関係になればすべてさらけ出すことになります。

 

セックスのテクニック云々以前の問題です。

 

もし、包茎がバレたら・・・とか、不潔がられないか?とかそういう不安があなたの積極性を気づかないうちに削いでしまっているのです。

 

コンプレックスを取り除くことの精神的メリットは計り知れません!

 

 

 

簡単には割り切れないコンプレックス感

世間には「包茎の何が恥ずかしいの?」

 

「包茎が当たり前!」なんてタテマエだけの意見もありますが本当に包茎でコンプレックスを感じている男性にとっては慰めにも何にもなりません!

 

「コンプレックスを気にするな!」って言われて「そうですネ」と平気になったという人を聞いたことがありません!

 

そんなことで気にならなくなるのであればそれはコンプレックスではありません。

 

もっと根深いセンシティブな問題ではないでしょうか?

 

 

包茎手術ではなく割礼したのです

せっかく、包茎手術を受けてコンプレックスを無くしたハズなのに包茎手術痕が目立たないかとか、また新たなコンプレックスがあるとも聞きます。

 

包茎手術という言葉にすらコンプレックスを感じてしまっているのでしょう!

 

あなたは包茎手術を受けたと思わず自分の意思で「割礼」という儀式を受けたと考えましょう!

 

内容は全く同じなのに関わらず「包茎手術を受けた」とは言いにくいのが実情ですが、「割礼している」と言えば宗教儀式的なイメージも含まれコンプレックスを感じない方も多いようです。

 

[PR] まずは勇気を出してカウンセリングから!